ケツずれ(尻ずれ)の対策・原因・治し方なら

じゃまなケツ毛を無くす方法、どれがお好み?

 

なにかとジャマなケツ毛。

 

ケツ毛なんてなかったらいいのに・・・・。

 

じゃあ、ケツ毛なんてなくしちゃおう!!

 

そうです!
無くしちゃう方法があるんだから、試してみない手はないですよね。

 

「除毛クリーム・脱毛・カミソリ」

 

この3つの方法があります。

 

除毛クリーム

 

公式にケツ毛処理OKとされている除毛クリームは、ありません。
でも、敏感肌用や、デリケートゾーン(Vライン)に使用できるものは、あります。

 

そんな除毛クリームでケツ毛を除毛している人も実際にいます。
女性も男性もいますね。

 

ただし!
あくまで自己責任で、粘膜には絶対につけないで、やってください。
パッチテストは必須!!

 

デメリット

メーカー推奨の使い方ではないので、なにがおこっても完全自己責任です。
クリームが肌に合わない場合は、かゆみや炎症が起こる可能性あり!!
粘膜につくと危険。
生えてきたときにチクチクする。(カミソリほどではない。)

 

メリット

他人に見られずにこっそりケツ毛を処理できる。
カミソリよりもチクチクしない。
カミソリでやりずらいところもできる。

 

パーフェクト除毛クリームならコレ

 

脱毛

毛の処理で最終的に一番きれいで楽なのは、やっぱり脱毛!
ケツ毛も例外ではありません。

 

自宅でやるのと、
お店でやる方法があります。

 

【自宅で脱毛】

デメリット

脱毛器がちょっとお高い。
場所が場所だけに、自分でやるのが面倒な人もいるかも。

 

メリット

生えてこなくなるからいい感じ!
お店で脱毛するのよりも安い。
他人にケツを見られなくてすむ。
自宅でできるので、時間がとれない人でもできる。

 

【お店で脱毛】

デメリット

費用が高い。
ケツ毛を他人に見られると恥ずかしい。

 

メリット

脱毛が終わるとほとんど生えてこないから超楽!!

 

簡単自宅脱毛、つるつるすべすべ肌が手に入る!

カミソリ

一番お手軽なケツ毛の処理方法は、カミソリでしょう。
でも、割れ目の奥でやりづらいし、切れるのが怖いのが難点でしょうか・・・。

 

デメリット

毛を剃りにくい。
傷つけないか不安。
毛が生えてきたときチクチクするし、かゆい。

 

メリット

お手軽。
試しやすい。
金額が安く済む。

 

 

さあ、いかがでしたか?
お好みの方法は見つかったでしょうか?

 

デリケートな部分なので用心深くお試しください!!